ネットで生きていくための稼ぎ方

ネットで生きていくための方法にはいくつか考えられます。
・アフィリエイト
・Googleアドセンスなどの広告
・せどり
・ヤフオクなどでの商売

これらのうち、ノウハウなどが単純化されて素人でも手を出せるものはアフィリエイトやせどりになるでしょう。
アフィリエイトとは、自分が持っているホームページなどで商品を紹介し、それが売れた場合に売り上げの数パーセントが手に入るというもの。
せどりというのは、いろんな特価商品を見つけるなどして手に入れた商品をネット上のamazonなどで販売する方法です。

どれも初めて聞く人は難しいように思うかもしれませんが、実はこれらは結構単純で稼いでいる人もそれなりにいます。
特にアフィリエイトは、ASPと呼ばれる、ユーザーと商品を結びつける役割の会社がたくさんあって、売り上げも相当な額に上っていることからも、いかに稼いでいる人が多いかを物語っています。
主にA8ネットやアフィリエイトB、リンクシェア、TGアフィリエイトなどなど。

せどりのほうも、今やそうしたノウハウがインフォトップなどで販売されており、そうした方法は使い古されていますが今でもまだまだ使える手法ばかりです。
amazonなどでどの商品がいくらくらいの金額で売れているかさえ分かれば、後は仕入れを安く手に入れれば必ず稼げるということで、結構な参入者の数になっています。

私もこれらの複数を使って稼いでいますが、これから始めようという方にはやはりアフィリエイトがおすすめです。
そして最初に購入すべき商材もだいたい定番は決まっています。

小玉歩のTheMailMagazine
・LUREA
この二つは重複しない内容で、どちらも必ず後になって知っていたほうが良いことを教えてもらえます。
ですので、まずはこの二つをやり、月に10万円以上稼げるようになったらさらに別の商材などを買ったり、あるいはSEOの塾などに入るのが良いでしょう。

はっきり言って今の世の中、稼ぐための方法は完全に単純化されていて、後はそれをやる努力だけでなんとでもなります。

ネットで稼ぐ分野では恐らく日本トップクラスにいる小玉歩さんのように、月に何億円という話はさすがに経験も必要になってきますし、知識もいろいろ必要です。
でもサラリーマンの給料くらいの金額、例えば50万円ほどであれば、初心者であってもちゃんと続けていれば長くても2年すればそのくらい稼いでいるはずです。

経験上、このアフィリエイト分野に向いている人は、わからないことがあってもとことん試してやってみるタイプ。
逆にダメなのは何から何まで疑ったり、勝手に自分のやり方に変えて失敗するタイプです。
素直な人ほど成功しますので、今までインターネットに詳しくなかったような人ほど成功してしまったりするので、是非チャレンジしてみて良いと思いますよ!